パリ美術館無料の日(毎月第1日曜日)はどのくらい混んでいる?

パリでは、毎月第一日曜日は美術館が無料になります。通常だと10ユーロとか14ユーロとかするので、無料の日はありがたいものになります。

ですが、無料のためたくさんの人が押し寄せ、混んでいますのでどの美術館に行くのかは注意が必要です。

ルーヴル美術館は意外と大丈夫

ルーヴル美術館は超有名美術館のため、無料の日は入れないのでは?と思っていましたが、全く並ばずに入ることができました!

人はたくさんいますが、館内がかなり広いので、超有名作品(ミロのビーナス、モナリザなど)以外であれば、それほど混雑はしておらず、見て回ることができました。

ミロのビーナスとモナリザは、「近づいてきたな」とわかるくらいいきなり人だかりができてきます。

モナリザはこんな感じです。。。

dav

ルーヴル美術館は入口がいくつかありますが、地下のカルーセル ド ルーヴル(carrousel du louvre)から行くと空いているようです。私はたまたまここから入ったので空いていたのかもしれません。

行き方:

最寄りのメトロ駅は1,7番線のPalais Royal Musée du Louvreまたは1番線のLouvre – Rivoliになります。

オルセー美術館はおすすめしない

オルセーは入るのにかなり並びました。行列はこんな感じです。奥の右側に見えるのが美術館の入口ですのでかなり列は長いです。

中もかなり混雑しており、疲れてすぐに出てきてしまいました。有名な美術館ですが、ルーヴル美術館よりはかなり小規模だからでしょうか。。。

オルセー美術館は無料の日ではなく、有料の日に行った方が良さそうです。

行き方

RER C線のGare Musée d'Orsayまたは、メトロ12番線Solférinoから行くことができます。

オランジュリー美術館はおすすめ

オランジュリー美術館は空いていました。世界的にはそれほど有名でないのかわかりませんが、全く待つことなく入れました!

小さい美術館になりますが、中も混雑しておらず、自分のペースで楽しむことができました。

行き方:

メトロ1番線、8番線、12番線コンコルド駅(Concorde)から行くことができます。

オランジュリー美術館とオルセー美術館はセーヌ川を渡ってすぐですので、歩いて行くことも可能です。

まとめ

今回は、美術館が無料の日に私が行った美術館の混み具合を比較しました。

ルーヴル美術館、オランジュリー美術館は行っても問題ないと思いますが、オルセー美術館は長い行列がありましたので注意です。

基本的に無料の日は有名な美術館は混雑するということですので、ある程度マイナーな美術館であれば、無料で数カ所まわって楽しめるのではないかと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA